第7回けやきキッズ将棋団体戦

今年もけやきキッズ将棋団体戦に参加しました。3年目になります。
この大会は、LPSA主催の武蔵国府中けやきカップ・将棋女流棋士1dayトーナメントに併設されている団体戦で、3人一組での参加となります。

この大会は予選2戦を行い、〇〇、〇×、×〇、××の4つの結果それぞれに決勝トーナメントが用意されているとても優しい大会です(予選落ち無し)。
子供団体戦では、ガチ勢と学校の仲良しチームとの棋力差が激しい上にクラス分けもされていないので、予選では無残な結果になることも多々ありますが、
二連敗しても決勝トーナメントがあるので、まだ将棋を始めて間もない参加者にとってもモチベーションアップにつながるように思います。

 

さて、息子は一昨年は東府中将棋クラブ、昨年は いつつ将棋教室所属でした。
いつつ教室は継続して通っていますが、こちらにはいくつかコースがあって、今はメインコースには通っていないこともあり、今年はカルチャーセンターのメンバーとして出場しました。

今年のチームメートは、2つ年上の5年生二人。棋力は息子と同じか、少し落ちる程度とのこと。
団体戦では勝利よりもチームで楽しむことを優先して欲しいので、棋力は二の次です。

 

午前中は子供大会を観戦しないで、女流トーナメントを観戦していたので結果を聞いただけですが、〇×で上から二番目のトーナメントに進出。チームの棋力的にはこのぐらいの方が午後も楽しめるでしょう。

午後の決勝トーナメントも、親父は渡部愛女流王位の指導対局を受けていたのでまたもやほとんど見ていませんが(笑)
一回戦シードで、その後2連勝。決勝戦に進出していました。

決勝戦では1勝2敗で惜しくも優勝とはなりませんでしたが、負けた後も悔しさは滲ませつつも 笑顔で相手チームと健闘を称えあっていました。
これまでなら負けた場合は怒り心頭で健闘を讃えるなど到底できませんでしたが、人としての成長を感じることができ、この大会に参加してよかったと思いました。

息子の個人成績は、〇×〇〇〇で4勝1敗。
最近、勝負弱いと感じることが多かったので、今回の結果で少しは自信がついてくれるといいな。

 

最後に各教室の印象ですが、一昨年は江古田教室が大会を席巻、昨年は江古田と棋心教室の二大勢力といった印象でしたが、
今回は事業拡張が著しい棋心教室が参加チーム数の多さと強さで大会を席巻した感じでした。
いつつ教室は1・2年生らしき参加者が多くて棋力的にはまだまだですが、きめ細かい指導を受けている子達なので3年後ぐらいには強い子がぞろぞろ出てくると予想します。
将棋サロン八王子は参加人数少ないが歴戦の猛者揃い。
江古田教室は一昨年の印象が強いだけに、今回はちょっと元気なかったように感じました。

ちなみに優勝は研修会チームだったそうです。ガチすぎるだろ(笑)

The following two tabs change content below.
かつどん
製薬企業で働くアラフォーサラリーマン。東京在住 大阪出身。 息子の将棋成長記録や棋具の話を中心に更新しています。 モットー:明日できることは明日やる
かつどん

最新記事 by かつどん (全て見る)

1 個のコメント

  • 優勝チームは、八将(八王子将棋クラブ)の仲良し3人組チームで、第4回から毎回出場しています。当初は誰も研修会員ではありませんでしたが、確かに今年は3人ともでした…。
    将棋サロン八王子に変わり、チーム名変更も考えましたが、同じ名前で出ました。(STTは3人の名前の頭文字)
    今回6年生だったので、これが最後です。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です