将棋の道を歩む者は、いや、何かを目指して歩くということは、

いつか必ず壁にあたる。

初段の壁、三段の壁、奨励会の壁、プロの壁、名人の壁。

その壁は一人一人違うだろう。

でもいつか必ずやってくる。

ぶつかっても、ぶつかっても、何度でも立ち向かう者もいるだろう。

壁の巨大さに恐れ慄き、立ち尽くす者もいるだろう。逃げ出す者もいるだろう。

 

その姿をこの目にした時、私の心はどう感じるだろうか。

いや、壁に当たった者の心は、私の心と比べられないほど泣いているだろう。

だから、その時はいつもと変わらない自分でいよう。

どんな答えを出しても、いつでも温かく見守っていよう。

きっと、それが私にできる精一杯のことだから。

 

The following two tabs change content below.
かつどん
製薬企業で働くアラフォーサラリーマン。東京在住。 息子の将棋成長記録や棋具の話を中心に更新しています。 出身地:大阪府貝塚市。 モットー:明日できることは明日やる
かつどん

最新記事 by かつどん (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です