体験レッスン

あけましておめでとうございます。

年末年始は更新をサボっていましたが、今年もよろしくお付き合い下さい。

 

さてさて、話はちょっと遡りますが、年末に2つの将棋教室の体験レッスンを受けてきました。

一つ目は都内屈指の強豪・E教室。もう一つは新しくできた近隣のI教室。

 

E教室の方は、体験時は指導棋士の方1名、コーチ役の大学生2名、手合い係1名で運営。

1回のレッスン中に指導棋士(5面指し)、コーチ2名それぞれと駒落ちでの指導対局を受けて、他の時間は生徒同士で対局するという形式。最後には指導棋士の先生による、プロ棋戦の解説も実施されていました。

指導棋士の方は指導対局とは言ってもそんなに指導しているようには見えませんでしたが、コーチ役の大学生は、しっかりと駒落ちの手筋を教えていました。

参加したのは中級コース(10級~6級)だったのですが、生徒さんとの対局では2勝2敗。やはりレベルは高そう。

レベルが高い子供どうしで対局を重ねることで、互いに強くなっていくんでしょうね。

ただ、ふざけている子供がいてもほぼ注意しない点は気になりました(手合い係の方がたまに注意はしていましたが)。真面目に練習している子は伸びる教室だと思いますが、易きに流されやすい子には向いていないかもしれません。(注:かつどんの主観です)

まあ、大人数の将棋教室では子供がふざけていても放置されているのをよく見かけるので、そんなものかもしれません。強豪校なので、みんな真面目に打ち込んでいるだろうと言う先入観もあったことは否定しません。

息子自身は、ここ(E教室)に通えば強くなれるんだったら行く!とのこと。

いや、きっと通うだけでは強くはなれないと思うけど、と思う親父でした。

 

もう一つは、近隣に新たに開設されたI教室。

初心者への普及を第一にしているような印象があったため、あまり候補に入れていませんでしたが、平日に家でテレビ見てるよりはマシだろうぐらいの気持ちで訪問。

こちらは、女流棋士の方と男性講師の方が、曜日ごとに交代で指導にあたっているとのこと。

まずは講義があって、そのあとは道場形式。対局後に気になった点を指導しているようでした。

指導でも基本をしっかりと教えている印象で、また躾の面でも厳しく指導されていたのが印象的でした。

息子はまだまだ基本の部分も理解できていないのですが、子供自身が大切なことに気付くような指導を心がけているように感じました。

私自身が習うなら正直めんどくさい先生だけど、習い事という観点から子供を通わせるには良いかと思いました。

ただ、初心者上がりの子供が多い印象で、もう少しレベルが高い子が入ればなぁというのが正直なところ。

結論としては、ただ強くなることが目的ならE教室。将棋に対する意識を強化するならI教室かな、と言う印象。

 

しばらく両方に通ってみる予定です。将棋会館の子供スクールもあるので、春をめどに通う教室をもう一度考え直してみたいと思います。

The following two tabs change content below.
かつどん
製薬企業で働くアラフォーサラリーマン。東京在住。 息子の将棋成長記録や棋具の話を中心に更新しています。 出身地:大阪府貝塚市。 モットー:明日できることは明日やる
かつどん

最新記事 by かつどん (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です