竹風作 昇龍書

二代目竹風こと大竹日出男氏の昇龍書彫埋駒を手に入れました。

竹風師は新潟に工房がある駒作り職人さんで、黄楊の手彫り駒ではもっともポピュラーな工房の一つであり、原木から駒の完成まで全てを行なっている希少な工房でもあります。

個人的には、二代目竹風といえば昇龍書だと思っているのですが、あの藤井聡太七段も竹風作 昇龍書の駒を愛用していたので、あながち間違いではないはず。。。

 

昇龍書というのは明治期の三味線弾きの昇龍斎の書とされていますが、一説によると奥野工房の職人・松尾昇龍斉の残した書体とも言われています。昔からある駒の書体の由来はややこしく、この昇龍書も御多分に洩れずややこしい。

同じ竹風であっても、二代目竹風の昇龍書は豊島龍山と並ぶ現代駒の祖・奥野一香の錦旗(いわゆる奥野錦旗)とほぼ同じ書体です。しかし、初代による昇龍書は二代目とは異なり、淇洲書とほぼ同じ書体になっています。

そもそも錦旗には3つの書体が存在します。
一番古いものは、関根十三世名人が竹内淇洲より贈られ、その駒で対局すると絶好調だったことから「錦旗の駒」と呼ばれるようになったもの。書体は淇洲でした。
次は、豊島龍山による錦旗。これは後水尾天皇の宸筆駒の写しとされるもので、現在流通している錦旗の書体。しかし、龍山は色々な書体を考案していたので、淇洲に近い錦旗銘の駒もあったようです。
3つめは奥野による錦旗。こちらは龍山の錦旗に対抗して昇龍斉の書体を錦旗として販売したもの。奥野による錦旗には金龍書を模した別書体も存在したとも言われています。 (参考:名駒大鑑 熊澤良尊著)

あれ?初代竹風の昇龍は淇洲書で、錦旗も淇洲書なの? 駒好きの間では「錦旗で始まり錦旗で終わる」とよく言われますが、本当は「淇洲で始まり淇洲で終わる」が正しいのかも知れません。

余談ですが、駒の3大書体といえば、錦旗、水無瀬、巻菱湖。しかし、水無瀬が圧倒的に古株なんです。その歴史は関白秀吉の時代に遡ります。一方、錦旗と巻菱湖は龍山の時代に出てきた新参者。他に3大書体以外では、清安ファミリーや金龍も江戸時代から伝えられる古い書体です。

現代とは違い、とても大らかな時代だったんでしょうね。

駒や書体の歴史に想いを馳せるのもなかなか楽しいものです。

The following two tabs change content below.
かつどん
製薬企業で働くアラフォーサラリーマン。東京在住 大阪出身。 息子の将棋成長記録や棋具の話を中心に更新しています。 モットー:明日できることは明日やる
かつどん

最新記事 by かつどん (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です