陸上クラブ

世の中でいちばん足の速い小学生はどれくらいはえーのか?

 

息子は同級生の中ではかけっこが一番速く、間違いなく将棋よりもかけっこの方が得意である。

将棋やら塾やらで忙しい息子だが、

近所の陸上クラブの練習時間は週1回1時間なので、

とりあえず4年生の間は将棋とも掛け持ちできるだろうということで安易に入会した。

 

本気で陸上競技に取り組んでいる子供は、練習時間が週1時間なんてことはないだろうが、

別にオリンピック目指すわけじゃないんだし、

将棋だけじゃなく、いろんなことにチャレンジすることも良いことだろう。

 

 

入会して1ヶ月後、ジュニア陸上競技チャレンジカップという大会に参加した。

結構大きな大会らしく、首都圏の陸上キッズが集結するようだ。将棋で言えば、東急小学生大会のような感じだろうか。

 

陸上なんてマイナー競技と高を括っていたが、

小4だけで150人ぐらい参加していて、将棋の方がもっともっとマイナーだった。。

 

小4が参加できるのは60m走、幅跳び、ジャベリックボー投げの3競技。

跳躍も投擲もやったこともないので、60m走だけ参加。

 

予選レースの結果は、9.28(+1.6)。

60mなんて中途半端な距離のせいで、タイムを聞いても速いのか遅いのか、ちっともわからない。。

 

予選全体では10位で、決勝レースには進出できなかったが、

陸上を始めたばかりで、スパイクではなくランニングシューズで参加したことを踏まえると、

贔屓目なしにかなり速いようだ。

 

ちなみに決勝レースの優勝タイムは8.63。2位以降は、8.81、9.06と続く。

トップの力がちょっと抜けているのはどこの世界でも同じか。

 

 

別日に100m走を測定できる競技会にも参加。

この時はクラブからスパイクを貸してもらい、結果は15.23(-0.5m)。

小さい競技会ながら学年トップの記録だった。

 

将棋だけでなく、かけっこでも息子に負けるかもしれない。。

The following two tabs change content below.
かつどん
製薬企業で働くアラフォーサラリーマン。東京在住 大阪出身。 息子の将棋成長記録や棋具の話を中心に更新しています。 モットー:明日できることは明日やる
かつどん

最新記事 by かつどん (全て見る)

1 個のコメント

  • 足が速いの羨ましいです

    私だったら陸上寄りにしちゃうかもしれません
    将棋は細々と、、キリがないですからね
    まあ、陸上もキリがないかもしれませんが
    何よりスポーツできるとモテますからね笑

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です