文部科学大臣杯 第15回小学校将棋団体戦 東日本大会 後半戦

ベスト4が出揃った。

残ったのは、習志野市立鷺沼小(千葉)、横浜市立東品濃小(神奈川)、戸田市立戸田新曽北小(埼玉)と息子の学校である。前評判通りの順当なベスト4となった。

あと一つ勝てば代表決定となり、西日本大会の代表2チームと全国大会で激突することになる。

 

千葉と埼玉は3きょうだいによるチーム、神奈川は2強を擁するチーム。
神奈川と息子のチームは2強がいるという点で同型のチームだ。

 

抽選の結果、代表決定戦は神奈川県との対局になった。

代表決定戦は再度オーダーを組み直すことが可能。同型だけに、お互いに相手の3番手を自チーム1番手にぶつけられると不利な展開になりそう。

そんな心理戦の結果なのか、息子は作戦上大将になることに。

そして、相手も3番手を大将にしてくる まさかの展開に!! 回り回って大将戦は3番手同士の対局となった。

 

最終戦は遂に息子の先手番。戦型は角交換型相中飛車となった。

相中飛車といえば都大会でも相中飛車戦は負けているが、都大会以降は相中飛車対策に大きな時間を割いてきた。自信を持って戦えるだろう。

相手は相中飛車にしてきたものの、さほど相中飛車の勉強はしていなさそうな指し回し。相手の隙をついて序盤から大きくリード。そのまま一方的な展開となり、この対局は息子の圧勝と言っていい将棋だった。

 

チームメイトも神奈川の強豪二人に対して連勝! チーム3勝で見事全国の切符を獲得した!

チームとしても息子が4連敗していたら微妙な空気になるところだったが、3人揃っての勝利で文句なし!

 

あと2勝で全国制覇。いずれにしても全国大会では3人の笑顔が見たいものだ。

The following two tabs change content below.
かつどん
製薬企業で働くアラフォーサラリーマン。東京在住 大阪出身。 息子の将棋成長記録や棋具の話を中心に更新しています。 モットー:明日できることは明日やる
かつどん

最新記事 by かつどん (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です