文科杯東日本大会への道 その1

文科杯東京大会で組優勝だったので、学校の朝会で表彰されたそうだ。

表彰状には東京都大会優勝と書かれていたので、先生には東京都No.1だと思われているだろうが、実際は1位タイ(5チーム)である。まあ、あえて学校に言わなくてもいいよね。。

普段は野球とかサッカーチームの面々が市大会優勝程度で表彰されているらしいので、東京都優勝なら十分な成績だ。(親父の想像では)日陰の将棋キッズも多少はクラスメイトから尊敬の眼差しを感じられたのではないかな。

 

表彰後にわかりやすい変化があった。

学校では将棋の盤駒は持ち込み禁止なので、休み時間等に将棋を指すことはできなかったのだが、表彰以降は先生から学校の盤駒が貸し出され、休み時間にチームメイトと練習できるようになったそうだ。

掌返しが分かり易すぎる!でも嫌いじゃないよ。

学校にも期待されているようなので、次の東日本大会も頑張るしかない!

The following two tabs change content below.
かつどん
製薬企業で働くアラフォーサラリーマン。東京在住 大阪出身。 息子の将棋成長記録や棋具の話を中心に更新しています。 モットー:明日できることは明日やる
かつどん

最新記事 by かつどん (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です