指導対局 中村修九段 3枚落ち

年末年始に中村修九段の将棋教室に参加してきました。

以前から開催されているのは知っていましたが、不定期開催のためなかなか予定が合わず。。今回初めて参加することができました。

まずは棋力の確認を兼ねて4枚落ちで対局。棒銀戦法?で危なげなく勝てたようで、同じ戦法で簡単に勝てないように右香を落としての3枚落ちで指導していただきました。

最近は指導対局の時、横で指し手を見ていると親父の存在を強く意識してしまうので棋譜は取っていませんでした。最終日は親父の休憩席の目の前で対局していたので、久しぶりに棋譜を取りました。

 

実際は右香を落としています。また、34と36手目を連続で指したっぽいのでその後の92香。

課題としては、相変わらず避けられる駒損を厭わず攻めるところでしょう(84手目4五桂打とか112手目の7一銀打)。しっかりと読んだ上で何か主張のある駒損ならアリだと思いますが、そもそも受ける筋を全く読んでないっぽい。

この悪癖、なかなか治りません。。

The following two tabs change content below.
かつどん
製薬企業で働くアラフォーサラリーマン。東京在住 大阪出身。 息子の将棋成長記録や棋具の話を中心に更新しています。 モットー:明日できることは明日やる
かつどん

最新記事 by かつどん (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です