いつつ将棋交流大会

近隣にいつつ将棋教室東京府中校がオープンしたので、開校記念の将棋交流大会に参加してきました。

教室は京王線府中駅から徒歩3分の新築ビルに入居しています。

教室は座卓を並べた和風テイストを取り入れた、センスの良い空間になっていました。また、一角には2畳ほどの畳がひかれていて、足付き将棋盤での対局も可能となっていて、とてもこだわりのある作りだと思いました。

交流大会は11名の参加でした。初心者の子が多かったようで、息子は危なげなく優勝することができました。

初心者の子どもが多く、勝敗は度返しな部分は多分にある大会でしたが、決勝戦は前述の畳スペースで脚付将棋盤での対局ができたので、息子はとても嬉しかったようです。

いつつさんは名人戦使用の将棋盤を持っているので、もしかするとあの将棋盤が名人戦の盤だったのかもしれません。

これで府中市には、分倍河原の”棋心”、”東府中将棋倶楽部”と合わせて3つも将棋教室があることになります。

いずれの教室もターゲットが異なっているように思うので、3つの教室が共存して、府中市の将棋の裾野が広がっていくといいですね。

The following two tabs change content below.
かつどん
製薬企業で働くアラフォーサラリーマン。東京在住。 息子の将棋成長記録や棋具の話を中心に更新しています。 出身地:大阪府貝塚市。 モットー:明日できることは明日やる
かつどん

最新記事 by かつどん (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です