夢の応援

みなさん、こんばんは。
今回からブログを引っ越ししました。
引き続きよろしくお願いします。

 

さて、突然ですが、息子の夢は将棋の棋士になることです。
この夢は親の押し付けではなく、
息子が自分で見つけてきた夢です。
ちなみに、将棋の先生に「プロになりたい!」というのではなく
「九段になる!」と言ったことが
本ブログのタイトルの元になっています。

私は幼い頃から何かになりたいという
夢を持ったことがありませんでした。
何かに挑戦することもなく
平々凡々に過ごしてきた私にとっては、
夢があるということはとても羨ましくもあり、
それが如何に厳しい道のりであっても、
応援してあげたいと思っています。

一方で、週に何度も将棋教室や道場に連れて行っていますが、
彼自らが進んで練習することはあまり無いので、
現状のままではアマ高段は目指せても、
棋士はちょっと難しいとも思っています。

現在、息子は小二ですが、
将棋のプロを目指すという道のりが
どれほど困難なものか当然理解していません。

子供の自主性に任せることは大切ですが、
練習に付き合ってあげたり、
練習できるように促したりしていくこともまだまだ必要です。

少なくとも初段・二段ぐらいになるまでは
私が引っ張っていくつもりですし、
その間に棋力・年齢が上がってくれば、
自ら自覚して練習するようになることを期待しています。
(自ら練習するようになればければ、棋士を目指すなんてとても無理です)

 

しかし、応援するがあまり、
息子のためと思っていた応援が
親の満足のためにすり替わってしまったり、
親の期待を押し付けることで
過度のプレッシャーを与えることはよくありません。

大会などでは結果が出ない時もあります。
結果を出すことを求めてプレッシャーをかけても
子供は失敗を恐れるようになり、
失敗から学び成長することができなくなります。
結果ではなく、それまでの努力・過程の部分をしっかりと評価する。
評価されることで、また努力につながるようになれば
好循環に導くことができるでしょう。

夢は夢として応援しますが、
実際に棋士になるかどうかは重要ではなく、
夢を追いかける過程で、
努力すること、失敗を恐れずにチャレンジすること、失敗から学ぶことを
自ら体験して、彼の人生の糧となれば、
それで十分素晴らしいことではないでしょうか。

The following two tabs change content below.
かつどん
製薬企業で働くアラフォーサラリーマン。東京在住。 息子の将棋成長記録や棋具の話を中心に更新しています。 出身地:大阪府貝塚市。 モットー:明日できることは明日やる
かつどん

最新記事 by かつどん (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です