現状

文科杯が終わって、もうすぐ2ヶ月。

その間、学校の朝会で紹介されたり、新聞の取材を受けたり、市長を表敬訪問したりと、多くの経験ができた。

その中には、チームメイトがすごいだけで息子は単なるおまけだと、あからさまな態度をとるような人もいた。まあ、事実なのでしょうがない部分もあるが、それを含めても息子にとってはいい経験になったと思っている。

嬉しい気持ちと悔しい気持ち、両方をバネにしてこれからも練習に励んでもらいたい。

 

さて、文科杯のために急ピッチで棋力を上げようと悪戦苦闘してきたが、当面はじっくり腰を据えて練習できる。

序盤はそこそこ力がついたが、対局では終盤に逆転されることが多い。やはり将棋は終盤力である。

 

そんなわけで終盤力の特訓中である。

使っている教材は「7手詰ハンドブック」と「形で覚える寄せ&詰め手筋問題集(著高橋道雄)」。

これまでも詰将棋は行なっていたが、進捗・答え合わせ含めて全て本人任せにしていた。

詰将棋はずっとやっているのに終盤力がつかないと思っていたが、やはり子供に任せっきりでは易きに流れてしまっていたのだろう。

書き込み式のテストを行っていた時期もあったが、この形式は親子共々負荷が大きくて長続きしなかった。

あと、親父が確認するのもよくなかった。テストのできが悪いとついついイラっとしてしまうので、子供には良くなかった。

 

今やっているのは口頭での確認テスト。息子が詰み筋・寄せ筋を答えるのを母親に毎日確認してもらっている。

母親は基本的に怒らない人なので、息子も楽しく続けているようだ。

 

地道に続けていけば、結果はいずれ出るだろう。

The following two tabs change content below.
かつどん
製薬企業で働くアラフォーサラリーマン。東京在住 大阪出身。 息子の将棋成長記録や棋具の話を中心に更新しています。 モットー:明日できることは明日やる
かつどん

最新記事 by かつどん (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です