佐藤康光九段 指導対局(5枚落ち)

日本将棋連盟会長である佐藤康光九段の指導対局を受ける機会に恵まれました。
(いつもながら息子だけですが。。。)

教室の先生の勧めで、5枚落ちでの対局となりました。
銀多伝戦法を採用して、結果は勝ち。

大きなミスもなく良く出来ていたと褒めていただきました。
強いて言うなら、飛車が成れるなら角を切ってもいい(90手目)。
安い駒で済むなら安い駒を使う(112手目)ようにアドバイスいただきました。

サインまでいただいて大喜びの息子でした。

4枚、5枚落ちでの銀多伝ではだいぶ勝てるようになってきました。
この調子で頑張れ。

The following two tabs change content below.
かつどん
製薬企業で働くアラフォーサラリーマン。東京在住。 息子の将棋成長記録や棋具の話を中心に更新しています。 出身地:大阪府貝塚市。 モットー:明日できることは明日やる
かつどん

最新記事 by かつどん (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です