契機

先日、通っている教室の大会に参加しました。

Closedな大会なので、しっかりと把握された棋力ごとにクラス分けが行われていたようです。大会前には先生から「君の棋力なら十分優勝できる。取りこぼしに注意しなさい」と言われており、勝てるチャンスのあるクラスだったようです。

保護者見学不可だったので詳細までは分かりませんが、予選は通過したものの本戦では1回戦負け。その後の敗者復活戦でも最終戦で負けたそうです。

 

その敗者復活戦で負けた相手は、息子と仲の良い友達だったのですが、将棋においては息子がずーっと勝っていた相手でもありました。最近はポツポツ負けることもあったようですが、それでも息子にとっては「あの子には勝てる」と思っていた相手でした。

これまでの大会では負けて悔しいことはあっても、大抵はその相手を知らないか、知っていたとしても顔見知りぐらいで棋力までは把握していないとか、息子よりも格上と思うような相手でした。

 

それが自分のなかで下だと思っていた相手に真剣勝負で負けたのです!

息子にとっては相当ショックだったはずです。しかし、これは親父的にはチャンス到来です。

 

今は基礎的な練習ばかりしているので、大会で負けることはある程度想定内でした。小さな大会での勝ち負けなんてどうでもよく、むしろこの友人が力をつけて息子を倒してくれる日が来るのを待っていました。

これは息子自身が普段の取り組みを見つめ直す契機なのです。

 

息子に見つめ直して欲しいところ。それは主体性を持って将棋に取り組むこと。

息子の練習量自体は、同年代の子と比べても少なくないと思っています。ただ、その練習はあくまで受け身。

練習は指示通り。自ら質問をすることはなく、この分野を勉強したい!と言うこともない。

 

これから初段、さらに高段者を目指していくのであれば、自分で考え工夫する、失敗を恐れずにチャレンジする、一人で解決方法が分からなければ自分から周囲を巻き込んでいく必要があると思うのです。

これは将棋だけでなく、彼の人生において必ず必要になることです。

 

転んでもただでは起きるな。そこらへんの土でもつかんでこい!(by 安藤百福)

The following two tabs change content below.
かつどん
製薬企業で働くアラフォーサラリーマン。東京在住 大阪出身。 息子の将棋成長記録や棋具の話を中心に更新しています。 モットー:明日できることは明日やる
かつどん

最新記事 by かつどん (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です