第51回東急百貨店将棋まつり 東急小学生大会

東急小学生大会に参加してきました

B級(級位者)、C級(初級者)のどちらにしようか迷いましたが
級位は連盟道場のそれで判断する方が多いという話と、
教室の先生の東急はレベルが高いのでC級で参加しては?というアドバイスに従ってC級に参加しました



C級の参加者は94名。さすが伝統ある東急小学生大会!
予選は2勝通過、2敗敗退。
初戦の相手は5年生の男子。
対局は遠目から見ただけですが、終盤寄せきれずに逆転負けしたようでした
この少年とは午後の指導対局でもたまたま隣の席になり、8枚落ちで奨励会員に負けていたので
地力では決して引けは取らないと思うのですが、勝負はやってみないとわからないものです

初戦は落としたものの、その後は3、4年生ぐらいの二人に連勝して予選通過。
予選通過した時は珍しく大喜びしていました。

本戦初戦は5、6年生ぐらいの男の子。
親父は疲れてしまって対局は見ていなかったのですが、結果は負け。

初級者クラスなので結構いいところまで行けるかも、と期待していましたが
噂通りレベルの高い大会でした
参加者も連盟スクールやいつもの教室で同レベルの子がC級で参加していたので、
息子にはちょうど良いレベルだったと思います
逆に、将棋を始めたばかりの子にはC級でも厳しいレベル
百貨店のイベントであり、会場スペースにも限りがあるので、致し方ないのかもしれません
そういう子はテーブルマークこども大会 やJ−COM杯の方が参加しやすいと思います

午後からは東横店に移動して、奨励会の相川二段に4枚落ちで挑戦。
駒落ちの時は銀多伝か棒銀を採用することが多いのですが
なぜか中飛車で挑戦(本人は特に何も考えてなかった様子。。
ボロ負けするかと思ったのですが、結構もつれて最後は一手差の負け。
アドバイスとして、割り打ちの銀は喰らっちゃダメと言われていました(他にも話していましたがよく聞こえず)

大盤解説は後ろの方の席では、ほぼ何をしているのかわ割りませんでしたが、
イベント自体は非常に盛況だったと思います
物品販売は棋書と扇子が大半だったので、
将棋駒や脚付盤などのマニアックな棋具がたくさん展示されていれば親父的には嬉しかったのですが。

The following two tabs change content below.
かつどん
製薬企業で働くアラフォーサラリーマン。東京在住。 息子の将棋成長記録や棋具の話を中心に更新しています。 出身地:大阪府貝塚市。 モットー:明日できることは明日やる
かつどん

最新記事 by かつどん (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です