将棋の森

吉祥寺で時間を潰す用事があったので、次男を連れて将棋の森へ行ってきました。

こちらにはこれまで何度か訪問しましたが
将棋道場らしからぬオシャレなスペースが売りの一つになっていて
また級位者歓迎の方針なので、私のような下手っぴでも臆することなく参加できます
最近の将棋ブームで始めた方、普段はネット将棋オンリーだけど道場にも行ってみたいという方にはオススメですよ

でもでも、この道場で一番のオススメは児玉龍兒師の盛上げ駒で対局できるという点でしょう
特別な指導対局などではなく、普通の対局で児玉龍兒師の駒を使用できるので
駒マニアにとっては、全く対局に集中できる状況ではありません笑

さて本日の結果ですが
息子:3勝3敗(10級扱い?)、親父:4勝1敗(12級)でした。
息子はもうちょっと勝てるかなぁと思っていましたが、
3勝は全て中飛車、3敗は居飛車で指した結果とのこと。
まあ道場での目先の勝敗に一喜一憂していても仕方がないので
積極的に新戦法(居飛車)に挑戦するのは良いことだと思います(親父は5戦全て棒銀。。。)

ではまた。

The following two tabs change content below.
かつどん
製薬企業で働くアラフォーサラリーマン。東京在住。 息子の将棋成長記録や棋具の話を中心に更新しています。 出身地:大阪府貝塚市。 モットー:明日できることは明日やる
かつどん

最新記事 by かつどん (全て見る)

3 件のコメント

  • 「将棋の森」様を訪問できるなんて羨ましいです。
    道場使用駒の内訳が興味深いです。
    駒尻に「紅雲(?)作」という初めて見る雅号が
    刻まれたものも見えますが。。
    本黄楊機械彫りの駒で面取りが甘い駒も
    使われているのでしょうか?

  • びりたんさん
    全部の駒を見たわけではありませんが、
    児玉師の盛上げは、菱湖(根杢)、三邨(虎斑)、董斎はありました。あと一つ双玉の駒(宗歩好?)もありました。
    児玉師以外の駒は彫駒でした。号は栄一だったかな?児玉師の駒ばかりに注目してたので、ちょっとよく覚えてません。すいません。

  • お返事ありがとうございます。
    道場使用駒で三邨書、董斎書はマニアックですね。
    Katsudon20様が宗歩好とおっしゃるなら
    きっと宗歩好で間違いないことでしょう。
    「将棋の森」様は本黄楊にこだわったとかいう
    文章を読んだような気もするので
    雲南黄楊でリーズナブルな栄一作が
    多数を占めている可能性も確かに
    ありそうに思えてきました。
    今後も勉強になる棋具レポートを
    楽しみにさせていただきま~す♪
    戸辺さんのDVD本ですけど、
    実績の無い出版社様からの発売なので
    取扱店が全国的に少ないのでしょうねぇ。
    いまだに手に入れる
    ことができていません。(福岡県)
    Amazonさんでも古書で3,478円とかプレミア
    価格になってしまっていますし。
    入手で苦戦中。(´・ω・`)←今ココNEW!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です