第17回全国小学生倉敷王将戦 東京都予選

倉敷王将戦 東京都予選の低学年の部に参加してきました。

昨年は1勝2敗で予選落ちでしたが、息子は3年生なので低学年の部で出られるラストチャンスです。本人の目標は決勝トーナメントの一回戦突破とのこと。

低学年の部の参加数はたぶん60人。昨年より微増かな。予選は2勝勝ち抜け、2敗敗退。

予選初戦の相手は3年生(たぶん初段)。
会場に向かう途中、対局相手に棋力は尋ねるな!と言っていたのですが、たまたま隣の席に友達が座っていて、ありがたくもその子から対戦相手の棋力を言われてしまったようです。うーん、変な力が入らなければいいけど。

本日の対局でこの一局だけが親父から盤面が見てる位置での対局でした。
息子の後手ゴキゲン中飛車対超速3七銀。高美濃に組み替えて持久戦に持ち込むも、あえなく負け。

まだ先手中飛車の定跡しか勉強できていないので、強敵との対局では先手番で挑戦したかったところですが、こればっかりは仕方ないですね。

2回戦は1年生ぽい感じの子。
これは余裕かと思いきや、序盤で角を取られる悪手をしたらしいが、なんとか逆転勝ち。

3回戦もなんとか勝って、予選通過できました。
予選は全部後手番だけど、対居飛車だったのでやりやすかったとの本人談。

お昼休憩を挟んで、決勝トーナメント1回戦は連盟子供スクールで6級らしい子との対局。
ここも勝利することができて、なんとベスト16進出!

残念ながら、次の2回戦で敗退となりましたが、本人の目標は達成。
満足しているかと思いきや、珍しく相当悔しそうでした。

 

息子よりも棋力が上の友達が予選落ちしていたりして、ベスト16は組み合わせに恵まれた感じもありますが、思った以上に頑張ってくれたと思います。何よりも素人親父との練習でも棋力は上がっているのが感じられたので、ちょっとホッとしました笑。

本大会に参加していない将棋キッズも多数いるので、この結果を鵜呑みにせず謙虚に頑張ってほしいところです。

The following two tabs change content below.
かつどん
製薬企業で働くアラフォーサラリーマン。東京在住 大阪出身。 息子の将棋成長記録や棋具の話を中心に更新しています。 モットー:明日できることは明日やる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です